不動産投資で失敗しないための秘訣!安定した収入で老後も安心

レディー

より安定的な収入を

模型と間取り

マンションやアパートの経営でお困りの方はいませんか。不動産投資は個人で行なうにはとても負担が大きいと考えられます。施設の維持管理や、入居者からの家賃回収業務、更に新しい入居者の募集など、その業務は膨大です。一つの施設のみで不動産経営をしているのであればなんとか個人でも行なうことができると思うのですが、施設が二つ、三つと増えていった場合には、個人でそのすべてをカバーするのは難しくなってきます。そのような時には不動産業者などのような専門家の助けを借りるなどといった負担を軽減する策を考えることをオススメします。マンションやアパートの経営において大切なことが、空室リスクを減らすことです。この空室リスクを減らす方法として注目されているのが家賃保証という制度です。家賃保証とは、通常、入居者が部屋を借りるときには第三者の連帯保証人が必要とされますが、その保証人に家賃保証会社を活用することをいいます。この仕組みのメリットは、入居者が第三者の連帯保証人を探す必要がないために、入居の契約がスムーズにいくということです。家賃保証によって契約がスムーズにいくということは、その分入居に対するハードルが下がるので、空室リスクが減ることに繋がります。この制度は、核家族化や一人住まいが増加した近年の流れに乗るものであると考えられます。

マンションやアパートの経営は長期的に安定した収入を期待することができる魅力的なものです。その収益をより確実なものにするためにも、この家賃保証をうまく活用することをオススメします。